ごんちゃんの温泉大国計画

じんわりとしたあたたかさ、包み込むような優しさ、時より見せる熱さ、溶けるようなぬるさ加減。まさに温泉のようなブログ♨️ このブログの効能:そのままのあなたが素敵だと思えます✨ ここに来た人が少しでも癒されて、明日へと踏み出す原動力になることを目指して🌱

【やりたいことがない、というのはすでに幸せだからかもしれない】

f:id:yuji-52-grn-00:20180517004733j:plain

 

こんにちは、ごんちゃんです。

よく就職活動生の相談を受けるとき、「やりたいことがないんですよね~」という話を聞きます。

あるいはすでに働いている大人たちも「特にやりたいこともないから今のままの仕事を続けようと思う」という人も数多くいます。

 

果たして、やりたいことがないというのはいけないことなのでしょうか。

 

 

 

やりたいことがないと言う人の特徴

 

あえて「やりたいことがないと"言う人"」という表現をしました。

 

実は、人は誰しもやりたいことがあるのです。

 

 

例えば、ずっと寝ておきたい。

これも立派なやりたいことですし、

 

食べて寝て食べて寝てYouTube観て…のダラダラ生活がしたい。というのもやりたいことにあたります。

 

 

 

それはそれで良いことだと思うんですよね。

 

 

だって「将来やりたいことがない」のだったら、「ただ今を楽しむだけで満たされる」のだから。

 

 

 

だからやりたいことがなくてもいいんです。

 

 

 

 

やりたいことが必要な世の中

 

でもなにかやりたいことで溢れている人のほうがイキイキしてそうだし、社会で活躍してそうなイメージがある。

 

 

自分のやりたいことを社会に当てはめて、自分に何かできるか考えろと言われる。

 

 

ときには会社のビジョンに自分のやりたいことを当てはめて会社に貢献しろとも言われる。

 

 

それもこれもたしかに立派なことなんだけれども、どれもこれもどこか自由さに欠ける。

 

 

もっと自由に今の自分を表現したらいいし、やりたいことなんてなくても今何をしたいか心のおもむくままに動けばいいとおもう。

 

 

なにもしたくなかったらなにもしなくていい。なにかしたかったらなにかすればいい。

 

 

そのときの気分でもいいと思うんだよなあ。

 

 

 

僕らは何に縛られているんだろうか。

 

 

 

 

 

やりたいことを実現した先

 

ちなみに、やりたいことを実現した先ってどうなるか考えたことありますか?

 

 

きっとまた次のやりたいことが出てきたり、一度満たされても飽くなき探究心で何かを目指したりするかもしれません。

 

 

ある意味幸せって一生訪れないのかもしれませんね。

 

 

 

やりたいことを実現したら幸せなのか。

 

 

きっと到達してみないとわからないことですよね。

 

 

 

 

まとめ

 

やりたいこと、やったらいいじゃないか

 

やりたいこと、なければそれでいいんじゃないか

 

 

 

もっと自由に素直な自分の気持ちのまま、今の「やりたいこと」に目を向けてはいかがでしょうか?

 

 

僕はゆるーく生きたいです。笑