ごんちゃんの温泉大国計画

じんわりとしたあたたかさ、包み込むような優しさ、時より見せる熱さ、溶けるようなぬるさ加減。まさに温泉のようなブログ♨️ このブログの効能:そのままのあなたが素敵だと思えます✨ ここに来た人が少しでも癒されて、明日へと踏み出す原動力になることを目指して🌱

【一緒に働く人の「人生理念」知っていますか?】

f:id:yuji-52-grn-00:20180607091234j:plain

 

 

こんにちは、ごんちゃんです。

 

 

先日新入社員の教育のアンケートでこのような項目がありました。

 

 

 

「あなたは新入社員の理念やビジョンを理解していますか?」

 

 

 

お恥ずかしい話、ぜんぜん知らなかったですし、そのような話をしていなかったので「わからない」と回答しました。

 

 

きっと理解しているほうがいいと思ったので、それについて書いてみました。

 

 

 

 

「あなたの将来のビジョンはなんですか」

 

 

 

よく就職活動の面接で聞かれる項目がこれにあたります。

 

 

 

自分の将来のビジョンと会社としての将来のビジョン。

 

それらがいかにマッチしているか、あるいは自分のビジョンを達成するために会社のビジョンがあるか。

 

そんなことを確かめるためによく聞かれるかと思います。

 

 

 

 

ただし入社してからはどうでしょうか?

 

 

職場は毎日の業務の会話が多く、プライベートの話はおろか、人生理念や将来ビジョンの話なんて、ほとんどしないのではないでしょうか?

 

 

 

でもこれってよくないはずですよね。

 

 

 

 

自分の人生理念を話すべき相手

 

 

 

きっと職場ではあまり話さないけれど、大学時代の親友などにはよく話していたと思います。

 

 

俺、僕、私、実は過去にこんなことがあって…だから将来はこんなことを成し遂げたいんだ!!

 

 

 

その話をすると親友は「いいね!頑張れ!」と応援してくれていたはずです。

 

 

もっと言うと「何か自分にできることがあれば手伝うよ!」とか「共感するし一緒に何かやろう!」と言ってくれていたかもしれません。

 

 

 

しかし学生から社会人になってその親友とも別々の道に就職すると、会う機会も話す機会も少なくなり、日々のメイン業務をこなしながら休日やスキマ時間で話すのみになります。

 

 

そうなると、いつのまにか仕事は仕事、自分の人生かけてやりたいことは仕事外での一部の活動でやるというような関係性になってしまいます。

 

 

 

でも考えてみてください。

 

 

自分の将来ビジョンを達成するために会社選びをしたはずなのに、会社外での活動だけが自分のビジョンを達成するためのものになっていませんか?

 

 

 

もしその状況なら、思考を180度変えてみましょう!

 

 

 

 

同じ職場の人ってどんな想いで働いてるの?

 

 

 

実は僕が新入社員の頃、当時の一番上の上司に将来ビジョンを聞いたことがあります。

 

 

 

その方は「50歳までバリバリ働いて一生生きていける分のお金を貯めて、奥さんと二人で世界一周する」とおっしゃっていました。

 

 

 

めちゃくちゃ素敵だなと思いました。

 

 

定年後ではなく、50歳という体力もまだあり知見も広い何事も楽しめる間に、最愛の奥様と二人で世界を旅して回るって最高じゃないですか。

 

 

そのために今こんなにバリバリと仕事して、社内でも認められる優秀な社員として評価されてるんだなと思うとすごく素敵に思えました。

 

 

 

また自分自身もこんな人と一緒に仕事できて嬉しいなと思いましたし、仕事のやりがいも増えました。

 

 

 

 

自分の人生理念やビジョンを話すとより自分のことを理解してもらえる

 

 

普段あまり職場で人生理念や将来ビジョンについて話さないかもしれませんが、話してみると意外と共感されたり応援してもらえたりします。

 

 

 

そしてなんといっても、より以前の自分よりも自分のことを理解してくれます。

 

 

 

そうなるととても働きやすいですし、お互いにとってどこか心の支えになることがあります。

 

 

自分の人生理念を理解してくれることによって、いつのまにかその理念を達成すべく行動してくれたり応援してくれていたりもします。

 

 

本来であれば会社や企業としてのあるべき姿だと思います。同じビジョンを達成する仲間、「同志」として仕事をする。

 

 

 

それができれば、 もっと普段の業務が意味を持ったものになるのではないでしょうか?

 

 

 

 

人の人生理念を知って自分の人生理念も達成する。

 

 

 

同志のビジョンを聞いて、より普段の仕事を充実したものに変化させてはいかがでしょうか