ごんちゃんの温泉大国計画

じんわりとしたあたたかさ、包み込むような優しさ、時より見せる熱さ、溶けるようなぬるさ加減。まさに温泉のようなブログ♨️ このブログの効能:そのままのあなたが素敵だと思えます✨ ここに来た人が少しでも癒されて、明日へと踏み出す原動力になることを目指して🌱

【いつも笑顔な人の味方でいたい】

f:id:yuji-52-grn-00:20180611092042j:plain

 

 

こんにちは、ごんちゃんです。

 

身の回りに「いつも笑顔な人」っていますか?

 

 

僕にはぱっと思い浮かぶ人が2,3人います。

 

 

その中でも、同じ職場にいるパートさんがとても素敵なので紹介しようと思います。

 

 

 

あの人の笑顔を真似しようとした

 

 

僕は自分が「おカタイ」なあと少し感じる部分があり、やはりそのカタさをやわらかくするためには、まずはヒトに対する心からの笑顔が大事だと考えました。

 

 

いつもどこか形式張っていて、笑顔で挨拶はするんだけれども、考え事をしているときやパソコン操作をしているときは、こわーい無表情をしていることが多くありました。

 

 

それが直接的に「カタさ」に繋がっているかどうかは不明ですが、優しい心からの笑顔を常にしている人は「やわらかい」と感じるので、自分もそれをすることで、目指しているやわらかさにつながるんじゃないかなと思いやってみました。

 

 

 

できませんでした…

 

 

やってみましたがかなり難しいです。

 

 

一日だけだったのでまだまだチャレンジしようとは思います。

 

 

しかしやはり今まで築き上げてきた関係性や働く自分像が、ハキハキとした真面目でしっかりしているイメージだったので、

 

 

普段からプライベートのことも話すような相手柄の人なら、いつもと違う優しい笑顔で接してみることができましたが、

 

 

上司や苦手な相手など、良も悪くも今の関係性を崩したくない相手には、なかなかそういった「やわらかい部分」を見せるのが怖く、以前のままの対応を見せてしましました。

 

 

 

尊敬する

 

 

いつも笑顔の人って本当に尊敬します。

 

いつも笑顔ということは、いわば常にオープンで防御していないことになります。

 

 

人に何かを指摘されると、そのまま心に刺さって傷ついてしまう可能性だってあるし、

 

 

相手の出方を見る前にこちらが心をさらけ出していることで、相手にどう思われるか予め予想したうえでの対応ができません。

 

 

 

イメージでいうと、自分のハートを両手で持って「はい」って相手の目の前に渡すような感じです。

 

 

それを受け取ってくれる相手とわかっているのならいいですが、パタン!と叩かれるおそれもありますし、ガッと鷲掴みにされる可能性だってあります。

 

 

それでも相手へハートを差し出せるって本当に勇気があって凄いことだなぁと思います。

 

 

 

少しだけやってみた感想

 

 

できなかったとはいえ、少しだけできたときには今までとは違った感覚が得られました。

 

それは自分の表面で相手と接しているという感覚。

 

 

これまでの自分は表面の自分より半歩引いたところに本当の自分がいて、そこから物事を見ていたんだとわかりました。

 

 

客観的に見るのは得意だけど、本当の自分が表面からむき出して見えるほど、自分らしさを表現し曝け出すことが難しかったように思います。

 

 

それが今回の笑顔の表情をすることによって、少しなりとも表にでたように感じました。

 

 

この感覚を大切にしよう。

 

 

そう思えたので、これからも常に笑顔で表情豊かにすごすことにチャレンジしようと思います☺️

 

 

そして常に笑顔でいる人のことはちゃんと受け入れて、大切に、他人に強く傷付けられないように守っていくと決意しました。