ごんちゃんの温泉大国計画

じんわりとしたあたたかさ、包み込むような優しさ、時より見せる熱さ、溶けるようなぬるさ加減。まさに温泉のようなブログ♨️ このブログの効能:そのままのあなたが素敵だと思えます✨ ここに来た人が少しでも癒されて、明日へと踏み出す原動力になることを目指して🌱

【こだわりのカフェにはこだわりのある人が来る】

f:id:yuji-52-grn-00:20180613095318j:plain

 

 

こんにちは、ごんちゃんです。

 

 

先日新しくオープンしたカフェに行きました。

 

そこはヴィンテージとアンティークで揃えたソファを並べ、

 

こだわりのコーヒーを提供していました。

 

 

 

リノベーションして作り、広い店内にもかかわらず席数は少なめにしてありました。

 

 

そしてなによりも音楽にこだわり、店内全体に同じ大きさで音が響き渡るような音響設備を使っていました。

 

 

まさにオーナーのこだわりが詰まったお店でした。

 

 

 

 

 

なんとなく感じた違和感

 

 

 

しばらく時間を過ごしているとどこか落ち着かないような、かたくなってしまう感じがしました。

 

 

深く沈み込むソファ、大きめの音響、広がりのある空間、特徴的な壁…

 

 

 

自分に合わない要素が見つかり、自己の内部で不協和音が広がっていく感覚

 

 

落ち着くようで落ち着かなかった。

 

 

 

 

「こだわり」はマッチが必要

 

 

自分のこだわりを実現してお店を作ろうとする人はたくさんいます。

 

そのこだわりに共感してくれる人もいるでしょう。

 

 

けれども、お店を出す以上は来てくれる人に「来てよかった」と思える価値を提供しようと思いますよね

 

 

 

こだわりは表現しながら、相手に沿うような配慮が必要。

 

 

 

僕自身も、まだまだヒトと関わるうえで伸ばしていかなければならないなあと感じることが、多々ありました。

 

 

 

提供する側と受ける側のマッチング。

 

 

 

お互いにとって心地の良い点で触れ合う努力

 

 

それが必要だと感じた今日この頃でした*