ごんちゃんの温泉大国計画

じんわりとしたあたたかさ、包み込むような優しさ、時より見せる熱さ、溶けるようなぬるさ加減。まさに温泉のようなブログ♨️ このブログの効能:そのままのあなたが素敵だと思えます✨ ここに来た人が少しでも癒されて、明日へと踏み出す原動力になることを目指して🌱

君のために朝ごはんをつくる時間

 

 

 

 

あたりはまだ薄暗い

 

カーテンの向こう側に弱い光が見える

 

「まだ寝てていいよ…」

 

そう言われている感覚になる

 

 

 

あたまのうえで寝ているスマホを起こして時間を見る

 

 

まだ6:00過ぎのようだ

 

 

 

ふたりとも休みの日に限って、こんな早くに目が覚めてしまうとは…

 

 

 

 

 

となりで寝ている君は、まだぐっすりと深い睡眠の中にいる

 

 

 

 

「そのまま寝ていてほしい…」

 

 

 

君はいつも小さな物音やささやかな動きでも目を覚まして、寝起きでも関係なく気を遣ってくれる

 

 

 

 

そんな君の睡眠を大切にしたいから、細心の注意をはらって、そろりそろりと布団から出る

 

 

 

 

案の定、少し気づいて「んんっ…」と寝返りをうったが、起きてはいないようす

 

 

 

 

今日は成功した…!

 

 

 

 

成功した記念に君のかわいい寝顔をひとしきり見て、洗面所に向かう

 

 

 

 

 

 

 

かおを洗ったら、なんだかさらに目が覚めてしまったようだ…

 

 

 

君はまだ起きそうにもない、もちろん起こすつもりもない

 

 

 

 

 

今日は君のために朝ごはんを作ることにした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫を開けてみた

 

 

 

普段から君はよくおかずを作っているからか、みそ汁くらいは簡単に作れそうな具材がそろっている

 

 

 

 

僕のあたまのなかで計算して、まずはご飯を2合炊くことにした

 

 

 

 

普段はいつもフルグラとか食パンで済ますことが多いけど、本当は朝からごはんが食べたいと知っている

 

 

 

 

君を起こさないように、ザーザーとお米を研いでいく

 

 

 

炊飯器にセットしてボタンを押す

 

 

 

 

よーし、次はみそ汁

 

 

 

 

 

 

具材は玉ねぎとしめじとお豆腐さんに決めた

 

 

 

ダシは何にしようか…

 

 

高知に旅行に行ったお土産で買ったイイおダシが残っていた!

 

 

 

 

だけどたかが朝ごはんでそこまでしてもなあ…気合いが入りすぎて引かれたらいやだしな

 

 

結局カツオ節をはらはらと入れておいた

 

 

 

f:id:yuji-52-grn-00:20180908090320j:plain

 

 

 

 

 

 

君は起きたらなんて言うだろう

 

 

どんな反応を示すだろう

 

 

 

いつももらっている愛を、少しでもお返しできたらいいな…

 

 

 

 

きょうはもうすこしだけ寝てていいからね

 

 

------------------------------

------------------------------

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございました

 

エッセイ風なものも書きたいなあ~と思ったのでふぁ~っと書きました

 

 

すこしでもこころがあったまっていただければ幸いです

 

 

また*