ごんちゃんの温泉大国計画

じんわりとしたあたたかさ、包み込むような優しさ、時より見せる熱さ、溶けるようなぬるさ加減。まさに温泉のようなブログ♨️ このブログの効能:そのままのあなたが素敵だと思えます✨ ここに来た人が少しでも癒されて、明日へと踏み出す原動力になることを目指して🌱

たまねぎをクタクタにしたくて

 

 

日曜日の夜は、だいたいそうだ

 

 

僕は仕事から帰ってきて少し横になったあと、たまっていた食材を使うために料理を始める

 

 

 

今日も仕事は大変だった

 

 

普段愚痴を言わない僕が、たくさん叫びなくなるくらいに嫌なこともあったし

 

 

 

目まぐるしく過ぎゆく時間とヒトの中で、息つく間もなく次々と仕事をこなしていった

 

 

 

帰ってきて「ふう…」と息をついたら寝落ちしてしまうという負けゲームになるので、なんとか意識を保ったまま台所に立っている

 

 

 

 

手元のフライパンで炒めているたまねぎは、なかなか僕の好きな柔らかさまでしんなりしてくれない

 

 

 

思えば、ここ数日いやこの数ヶ月、家に帰ってから仕事のことを話す機会がほとんどなかった

 

 

 

 

そもそも一人暮らしだし、親とも程よく距離を取っているから話すこともない、ましてや僕の大好きな彼女や親友などに愚痴をこぼしたところでいい気分はしないだろう

 

 

 

そう思うとこのまま僕の中で消化して、この世からこの負の感情を終わらせるほかないと思ってしまうのだ

 

 

 

 

 

 

 

ただ、今日の僕の心は、このたまねぎのように柔らかくしんなりとするまで、すこし時間がかかっているようだった

 

 

 

 

僕はゆっくりと、自分の中の苛々や怒りの感情を小さくしていきながら、丹精込めてしんなりさせていく

 

 

 

 

出来上がった頃にはもう真夜中で、ひとりさびしく誰に連絡を取ることもなく、しんとした部屋の灯りの中で食べることになる

 

 

 

味はいつも通りの僕好みの優しい味だ

 

 

 

 

「これこれ」

 

 

 

 

 

そう言うと僕は、いつも通り落ち着いた気分になっているようだった

 

 

 

 

 

 

 

僕はこの感覚をいつまで覚えていられるだろうか…

 

いつかきっと出会う誰かのために、この味の作り方や、作る過程、込めるココロを忘れずにいようと思う

 

 

 

 

そんなことに気づけた今日のごはんだった

 

 

 

 

 

 

 

-------------------

 

 

今日も読んでくださってありがとうございました。

 

エッセイも気ままに更新していきます。

 

 

また出逢う記事をお楽しみに*

 

 

 

-------------------