ごんちゃんの温泉大国計画

じんわりとしたあたたかさ、包み込むような優しさ、時より見せる熱さ、溶けるようなぬるさ加減。まさに温泉のようなブログ♨️ このブログの効能:そのままのあなたが素敵だと思えます✨ ここに来た人が少しでも癒されて、明日へと踏み出す原動力になることを目指して🌱

初めて美味しいごはんを食べて泣いた日のこと

f:id:yuji-52-grn-00:20181121190840j:plain

 

 

 

 

僕は、滋賀のメタセコイア並木の紅葉を観に彼女とドライブデートに行った

 

 

前日までせわしなく働いていた僕らは、ノープランのまま現地に到着した

 

 

 

 

 

少し歩いて、その場所の空気を十分に吸って、強い風に舞いながら歩みを進めた

 

 

 

 

「お蕎麦屋さんがある!」

 

 

 

大きな道のほとりに佇むそのお店に惹かれ、目的の紅葉の写真を撮る前に、腹ごしらえとしてふたりでいただくことにした

 

 

 

店内は、四季折々のメタセコイア並木の写真が飾られており、田舎町のよき雰囲気のごはん屋さんだった

 

 

 

メニューを開きながらどれにしようか悩んでいると

 

 

 

 

「お得セットが一番おすすめですよ」

 

 

 

 

と女将さんに言われたので

 

 

 

 

一番ボリュームもあり種類も豊富な「お得セット」をふたりとも頼んだ

 

 

 

 

 

 

 

 

窓から差し込む心地いい光に包まれながら食べるお料理はとてもおいしかった

 

 

 

 

 

 

 

おいしいごはんを食べながら、ふと彼女はつぶやいた

 

 

 

 

 

 

「おばあちゃんに食べさせたいなあ」

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、

 

いつも言ってるね、と返して

 

 

 

 

 

「いいなぁ、僕にはもうおばあちゃんはいない…」

 

 

 

 

 

 

と言っていた

 

 

 

 

 

 

 

自分でも驚いた

 

 

 

 

 

僕はそのお盆に乗ったフルーツの小皿を見ながら、なぜか初めておばあちゃんがふたりともこの世から去ってしまったことを実感していた

 

 

 

 

 

 

 

おばあちゃんの、孫を見て喜んでいる顔、嬉しそうな顔、愛おしむ顔…

 

 

 

 

 

 

 

そんな顔を想像すると、

 

 

 

 

 

「もう見れないんだな…」と思い

 

 

 

 

気持ちがどうしてもしんみりとしてしまった

 

 

 

 

 

 

ああ、僕はおばあちゃんに、可愛い孫らしいことをできたのだろうか…

 

 

 

 

と想像し、気づいたら泣いていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し後悔が混じっていたのかもしれない

 

 

 

 

 

そうは言ってもおばあちゃんは帰ってこない…

 

 

 

 

 

だったら誰に食べさせてあげたいかな

 

 

 

 

 

そう考えると、母の顔がすぐに思い浮かんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

「ああ、ここまで育ててくれたのに、僕ばっかり贅沢して…」

 

 

 

 

 

「おかあさんにも食べさせてあげたいな」

 

 

 

 

 

 

そう思い、気づいたときには母にLINEを送っていた

 

 

 

 

 

 

「明日ヒマ?どっか出掛けない?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は明日もう一度ココに来ることを決意した