ごんちゃんの温泉大国計画

じんわりとしたあたたかさ、包み込むような優しさ、時より見せる熱さ、溶けるようなぬるさ加減。まさに温泉のようなブログ♨️ このブログの効能:そのままのあなたが素敵だと思えます✨ ここに来た人が少しでも癒されて、明日へと踏み出す原動力になることを目指して🌱

「人に相談できない自分」に気づいた日

f:id:yuji-52-grn-00:20181128104915j:plain

 

 

 

 

 

「人に相談できない」

 

 

 

僕は帰り道でそう話した

 

 

 

 

「相手の時間を奪ってしまうと思っちゃう」

 

 

 

 

 

 相手に気を遣って、相手もいそがしいなかでわざわざ僕の脈絡もない相談事なんて聞きたくないだろうし、相手は聞いてしんどい思いをするかもしれない

 

 

 

 

何より、自分の弱い部分をさらけ出してうまくいったためしがない

 

 

 

 

 

弱い部分をさらけ出すと、さっと"そういう人"というレッテルを貼られる

 

 

 

 

簡単に言うとめんどくさがられる

 

 

 

 

 

 

子供の頃からそういった場面をたくさん見てきたし、体験してきた

 

 

 

 

 

 

だから僕はもうそうはなりたくないと思って生きてきた

 

 

 

 

 

 

 

ところが彼女は違った

 

 

 

「本当にその人を助けたいと思ったら、自分の時間を割いてでも話を聞いてくれるもんじゃないん?」

 

 

 

 

 

 

 

確かに自分もそうかもと思った

 

 

 

自分が頼られた場合、きちんと時間をとって聴くと思った

 

 

 

 

 

 

「周りにそんな人いないの?」

 

 

 

 

 

 

いない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、いる。

 

顔が思い浮かんだ

 

 

 

 

「もしいないんだったら、自分が相手を信用してないだけやで」

 

 

 

 

 

 

確かにそうだった

 

 

 

 

 

僕が相手を勝手に頼らなかっただけ

 

 

 

 

相手を信用せず自己解決に向かっていた

 

 

 

 

近い感覚としては、相談するほどのものでもない、と勝手に判断して

 

 

 

結果的に自分一人で追い込んで考えつめていた

 

 

 

 

 

 

 

最終的には自分で結論を出すことだと思って、全てを自分で抱え込んで生きていた

 

 

 

 

 

 

人に頼ることをしなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

頼り方を知らない…

 

 

 

 

ひとを信じれないのかな…

 

 

 

 

 

裏切られた経験

 

 

 

 

 

 

 

ほんとうの弱みを出したら嫌われてしまう

 

 

 

 

その経験があった

 

 

 

 

ひとに弱みをひけらかさなくなった

 

 

 

 

 

頼ることを忘れてしまった

 

 

 

 

 

 

 

そんな過去の話をつらつらと話していると、いつのまにか彼女が隣で泣いていた

 

 

 

 

 

 

僕と同じ立場になって、苦しさを理解して泣いてくれた

 

 

 

 

 

なんでそこまで一緒に思ってくれるんだろう…

 

 

 

 

 

一緒につらい思いを共感して泣いてくれるんだろう…

 

 

 

 

 

こんなに自分のために泣いてくれる人なんて今まで出会ってこなかった

 

 

 

 

 

だからそんな人がいま、僕の隣にいてとても嬉しかった…

 

 

 

 

 

僕は泣きそうになっていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私は本当に恵まれてたんやなって」

 

 

 

 

 

「私はだめだめだからひとの3倍頑張らないといけなかったし、大変な思いをして乗り越えて生きてきた」

 

 

 

 

 

 

「それがこんなにも簡単に乗り越えられるひとがこんなことにつまづいてて…」

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はしっかりと聞いていた

 

 

 

 

 

「ひとそれぞれ得意不得意あるから…」

 

 

 

 

 

「僕がこのテーマで苦手な部分があって、今たまたまぶち当たったんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このとき僕はなぜか冷静になってしまっていた

 

 

 

 

 

さっきまで自分の感情や、育ってきた境遇、いろんな"心の奥にある何か"にアクセスしていたのが

 

 

 

いつのまにか彼女の気持ちに焦点が移っていた

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女が何を想っているのか、何を考えていて、何を僕に伝えようとしてくれているのか

 

 

 

 

必死に読み取ろうと、察しようとしていた

 

 

 

 

 

 

 

焦点が自分から相手に変わったらしい

 

 

 

 

 

 

 

冷静に思考分析をしていた

 

 

 

 

 

 

それが表情に出ていたらしく変に察されて

 

 

 

 

 

 

 

 

「何考えてるの?」

 

 

 

 

と聞かれた

 

 

 

 

 

 

 

僕は正直に

 

 

 

 

「僕に何を伝えたいのかなって、考えてた」

 

 

と答えた

 

 

 

 

 

 

 

そう伝えると、彼女はプチンと切れて立ち去っていった

 

 

 

 

 

なんかまずい雰囲気がしたまま

 

 

 

あとを追いにくいまま追って彼女の家まで一緒に帰った

 

 

 

 

 

 

 

「自分を変えたいと思ってない人に相談乗っても時間奪われると思うんじゃないの」

 

 

 

 

「だから相談しないんじゃない?」

 

 

 

 

と家に着いてから言われた

 

 

 

 

 

 

 

キツイ言葉を投げかけられたけど、僕にはわからなかった

 

 

 

 

 

 

たしかに、自分に焦点を当てて話してくれてたのに、その気持ちを裏切って僕は相手のことを気にしていた…

 

 

 

 

自然にそうしてしまっていた

 

 

 

 

 

 

相手が自分のために時間を割いて、大切な時間と感情を使って一緒に悩んでくれていたのに、僕は一瞬でそれを裏切ってしまった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あぁ、落とした…」

 

 

 

 

彼女が大事にしていたイヤリングを片耳落としてしまったらしい

 

 

 

僕は彼女に、どうしてもごめんという気持ちとなにか恩返ししたいという気持ちがあって

 

 

 

 

「探しに行ってくる」

 

 

 

と家を飛び出していた

 

 

 

 

 

本当は、家にお邪魔するにはとても居心地が悪くて、なんとか自分と向き合って、なんとか彼女の想いに応えられるように、自分の悩みを解決できるように考える時間が欲しかった

 

 

 

 

 

 

 

 

落としたイヤリングを探しに行ったけど、結局見つからなかった

 

 

 

 

途方に暮れて、とうとう「イヤリングを探しながら考える」という行為ではなくなり、100%「自分に向き合う」という時間になってしまった

 

 

 

 

 

僕は、さっきまで二人で泣いていた木の下に戻り、さっきのことを振り返っていた

 

 

 

 

 

 

 

考えても考えても考えても、答えは出そうになかった

 

 

 

 

 

 

 

「なんで人に頼れないんだろう…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしていると

 

 

 

 

 

 

「やっぱりここにいた」

 

 

 

と彼女が迎えにきてくれた

 

 

 

 

「5分で帰ってくると思ったら1時間も帰ってこないから…」

 

 

 

 

 

僕はこんな寒い場所に1時間もいたらしい

 

 

 

 

 

でも僕の中では朝まで帰らないと思っていた

 

 

 

 

帰れないと思っていた

 

 

 

 

 

そして、まさか彼女が迎えにきてくれるなんて思ってもいなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心配とどうしようもなさがあったのかな

 

 

 

 

 

僕はなぜか「ほら、帰ろう」と言われて泣いてしまっていた

 

 

 

 

 

 

「自分ひとりでは解決できない

 

 

 

 

もえこがいないと俺だめやわ」

 

 

 

 

 

ってつぶやいてた

 

 

 

 

 

 

 

本当だった

 

 

 

さっきまで自分一人で考えても考えてもわからないことが、会っただけでふっと感情が揺らぎ、なんとなくわかるような気がした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんだその弱々しいことばは」

 

 

 

 

 

 

本当にそうだ、弱々しすぎる。男らしさのカケラもない。

 

 

 

 

 

 

「あなたがいないとだめ」

 

僕のなかでふっと湧き出た言葉だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家に帰って寝るとき

 

 

 

 

 

 

「自分の魅力のないとこばっかりさ、

 

 

 

そんなひとと付き合い続けたいとおもう?

 

 

 

だからみんな離れていくんやで

 

 

 

 

もっとアピールして」

 

 

 

 

 

「自慢はいやだ」

 

 

 

 

 

 

「言ってくれないとわからない」

 

 

 

 

 

言うっていったって…

 

 

 

「…僕にはなにもない」

 

 

 

 

 

彼女は笑った

 

 

 

「それがある意味本音かもね」

 

 

 

 

 

 

妙に彼女は僕の言葉に納得して、ふたりとも眠りについていった