ごんちゃんの温泉大国計画

じんわりとしたあたたかさ、包み込むような優しさ、時より見せる熱さ、溶けるようなぬるさ加減。まさに温泉のようなブログ♨️ このブログの効能:そのままのあなたが素敵だと思えます✨ ここに来た人が少しでも癒されて、明日へと踏み出す原動力になることを目指して🌱

本当のおばあちゃんに逢った日

f:id:yuji-52-grn-00:20181205112008j:plain



 

 

 .

 

その日は朝からおかあさんを滋賀のメタセコイア並木に連れて行こうと思っていた

 

昨日食べたあの「お得セット」を食べさせてあげたい

 

 

その思いを胸に実家に帰っていた

 

 

 

電車に揺られながら、ふと墓参りのときに母がこぼしたあの言葉を思い出す

 

 

「死ぬまでにもう一回はおかあちゃんに逢いたいなあ…」

 

 

 

 

"おかあちゃん"とは、おかあさんの生みの親で、おかあさんが生まれてすぐ離れ離れになってしまった"本当の母親"だった

 

 

つまりは僕の"本当のおばあちゃん"なわけで

 

 

 

 

「これは会わなくちゃいけない」

 

 

と直感した

 

 

 

 

 

 

 

僕は実家に帰ると早々に

 

 

「滋賀のメタセコイア並木に紅葉見に行くか、岡山のおかあちゃんに逢いに行くかどっちがいい?」と聞いた

 

 

 

母はてっきり近場の紅葉でも見に行くものだと思っていて(紅葉見に行こう!としか伝えてなかった!)、少し戸惑っていたけど

 

 

 

「どっちが遠い?」と聞くもんだから

 

 

 

「どっちも変わらん。せっかくやから"おかあちゃん"に逢いに行こう!」

 

 

と提案した

 

 

 

 

 

 

すんなり採用されたのはいいけれど、"おかあちゃん"がどこにいるのか実は知らなかった

 

 

 

 

 

「○○の近くの○○っていう施設らしい」

 

 

 

という情報だけを頼りに、文明の利器(GoogleMAP)を最大限に利用し、場所と連絡先を特定した

 

 

 

 

施設に事前に連絡を入れて出発することになった

 

 

 

 

「ふたりでどこかに遠出するなんて初めてやね」

 

 

そんなことを話しながら目的地までたどり着いた

 

 

 

 

 

 

 

 

受付で訪問者名簿に名前を書いていると、ひとりのおばあちゃんが出迎えに来てくれた

 

 

 

 

「まあ…!!○○ちゃん(母親の名前)!」

 

 

 

僕はその人を見てすぐにわかった

 

 

 

 

この人が僕の本当のおばあちゃんだ…

 

 

 

 

 

 

 .

 

 

 

 

 

 

そこからおばあちゃんが暮らす個室に案内されて、ゆっくりお茶を飲むことになった

 

 

 

置いてあったパイプ椅子に座ろうとしたら

 

 

 

「こっちのベッドに座ったほうがあったかいよ」

 

 

と僕を気遣って、普段の寝床である場所に座らせてくれた

 

 

 

 

 

一度は遠慮したんだけど、おばあちゃんの気持ちを素直に受け取りたくなって

 

 

 

ベッドに腰掛けて、おばあちゃんの横に座った

 

 

 

 

 

 

とても優しくて自然と気を遣えて、可愛い笑顔が柔らかさを物語る、とってもあたたかい人だった

 

 

 

 

 

とても認知症の施設に入っている80代後半の介護な必要なおばあちゃんという気がしなかった

 

 

 

 

実際に体に悪いところはなく、いたって健康。おばあちゃん曰く、「小学生の頃から毎日1里(4km)以上、通学で歩いてたから足腰は強くなった」ということだった

 

 

 

 

 

何度もその話をしてくれるものだから、うんうんってしっかり聞いてたんだけど、それは母曰く「来てくれたから話をして、もてなしたいと思ってたんちゃうか」とのことだった

 

 

 

 

そんなふうに考えられる母は偉大だなあと思った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、おかあさんとそのおかあちゃんに会ったら、どうしても伝えたいことがあった

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日来たんはな、おばあちゃんに会いたいと思って来たんや」

 

 

 

「そう思ったんはな、昨日僕の彼女と滋賀に行って美味しいものを食べてるときに、彼女が『ああ、おばあちゃんにも食べさせてあげたいなぁ』って言っててん」

 

 

 

 

「そのとき僕はな、

 

 

『あぁ、僕はちゃんとおばあちゃんの孫として…可愛い孫として、なにかできたかなぁ』って言ったんよ」

 

 

 

 

「だから今日はな、こんなに優しい笑顔の可愛いおばあちゃんに逢えて、よかったあって思ったよ*」

 

 

 

 

 

 

 

おばあちゃんは、可愛いと言われて照れながら手を握ってくれた

 

 

 

 

 

 

本当は

 

 

「僕はおばあちゃんと出逢って、僕のおばあちゃんがあなたでよかったと思った…!!」

 

 

 

っていう気持ちでいっぱいだったけれど

 

 

 

 

 

母親の前で、初対面に近いおばあちゃんに向けて、恥ずかしくてなんだか伝えられなかった

 

 

 

 

本当に尊敬できて、すごくすごく優しい愛を感じて、僕はそこから命が繋がって生まれてきたと考えると、とっても嬉しい気持ちになった

 

 

 

 

 

 

 .

 

 

 

 

 

 

 

限られた時間のなかで、僕はおばあちゃんからいろんなことを教わった

 

 

 

ほろほろと言葉をこぼすように、本当に大切なことを教えてくれた

 

 

 

 

 

 

「私は幸せなんじゃ」

 

 

 

 

「もう(娘たちは)みんないいとこにもらって行って幸せにしてもらってる」

 

 

 

 

 

「私は背も小さくて、なんにもできないから人に助けてもらいながら生きてきたんじゃ」

 

 

 

 

 

「本当に大変なときに、仕事をさがしてたまたまみつけたところが、昔おばさんのいたところでな」

 

 

 

 

「そこで食わせてだけもらえりゃいいと思って働きおった」

 

 

 

 

 

 

「そしたら優しいかな、少しばかりは多めにくれたんじゃ」

 

 

 

 

 

 

「お金は、たくさん必要ない。あっても使い方がわからんのじゃ意味のーない」

 

 

 

 

 

 

 

 

「人と人の繋がりじゃけ。助けられて助けての繰り返しじゃ」

 

 

 

 

 

 

 

「わたしにはなんにもなかったから…こんなわたしでも、なんでか助けてくれた」

 

 

 

 

 

 

 

 

「人はひとりじゃ生きていけない。 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのときの僕にすごく刺さる言葉だった

 

 

 

 

人を深く信じられず、人に頼ることをせず、知らない間に一人で抱え込んで考え込んでいた

 

 

 

どこかでそれはいけないとわかっていた

 

 

 

でもできていなかった

 

 

 

 

 

それをおばあちゃんが優しく導いてくれた

 

 

 

 

こんなに堂々と「わたしにはなにもない」って言えるすなおさ

 

 

 

 

それをじぶんで愛したいと思える優しさと純粋さ

 

 

 

 

 

その想いだけあれば生きていける

 

 

 

 

おばあちゃんの生き様がそう物語っていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、僕は何を追い求めていたんだろう

 

 

 

 

 

なにもなくなったって、この感覚を大切にしていれば、どんなときも助け合いながら生きていけると思った

 

 

 

 

 

 

人は助け合ういきものだ

 

 

 

 

 

その言葉がやっといま心の奥ですなおに納得できた気がした

 

 

 

 

 

 

 .

 

 

 

 

 

 

 

"おばあちゃんに出逢えた"

 

 

 

僕は感謝の気持ちでいっぱいになった

 

 

 

 

 

 

記念撮影で3人の写真を介護士さんに撮ってもらうとき

 

 

 

「この人は誰ですか?覚えてる?」

 

 

と不意に聞かれておばあちゃんは

 

 

 

「はて……」

 

 

 

となってしまったけど

 

 

 

 

少し間を置いて母の顔をまじまじとみて

 

 

 

優しく笑い泣き出した

 

 

 

 

 

 

「おかあちゃんおかあちゃんって言ってくれて...一番可愛くて好きじゃった…」

 

 

 

 

「離れたくなかった…」

 

 

 

 

 

「私も離れたくなかったよ…!」

 

 

 

 

 

 

おかあさんと"おかあちゃん"は抱き合った

 

 

 

 

 

 

 

ふたりは過去に、時代と思惑のいたずらによって、おかあさんが小さい頃に離れ離れになってしまった

 

 

 

 

 

ふたりはずっと遠くからお互いの幸せを願っていた

 

 

 

 

 

きょう再開して、お互いの気持ちを言葉にしなくとも伝わるふたりの愛を感じた

 

 

 

 

 

 

 

この優しいおばあちゃんに生まれたおかあさんのもとに生まれてよかった…

 

 

 

 

 

 

 

そんな命のつながりと、受け継がれた"大切なバトン"をしっかりと受け取れた気がした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕にとって、とてもとても大切な1日になった