ごんちゃんの温泉大国計画

じんわりとしたあたたかさ、包み込むような優しさ、時より見せる熱さ、溶けるようなぬるさ加減。まさに温泉のようなブログ♨️ このブログの効能:そのままのあなたが素敵だと思えます✨ ここに来た人が少しでも癒されて、明日へと踏み出す原動力になることを目指して🌱

「これやってます」って自信持って言えない自分

f:id:yuji-52-grn-00:20181220000504j:plain



 

 

こんにちは、ごんちゃんです

 

 

 

よくイベントでの交流の場とか、何かしら初めての人と対面するときに自己紹介とかあるんですけど、なんて自己紹介したらいいかわからない、みたいなことないですか?

 

 

名刺も会社のしか持っておらず、自分が「何者か」を明確に相手に伝えられないというか

 

 

これ!という肩書きがなくて説明しづらいというか…

 

 

 

僕はめっちゃあるんですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

何者でもない自分

 

 

 

 

僕がやってることは、ちょいちょいあります

 

 

正社員として働きながら、毎週朝活で対話の場をつくり、オンラインサロンをひとつ運営、地域でコワーキングスペースづくりの実践など…

 

 

それでも、初対面の相手に名刺を渡すほどの出来事ではない、という感じがするんですよね

 

 

 

そのやってることは、ただやっていることであって、自分を表す何かではないという感じがするんですよね…。うーん、わからない、なんか言葉薄っぺらくてごめんなさい

 

 

 

 

 

 

実は本業であるはずの会社の名刺も、自信を持って渡せない自分がいます

 

 

 

自社内でもそうなんですが

 

 

 

とくに、外の世界で渡すときは躊躇します

 

 

 

会社名は大きいけど自分はその中のほんの一部にすぎない

 

 

 

会社名を渡している感覚

 

 

 

「その会社員の自分」に何か連絡をくれたとしても、できることは皆無に等しい

 

 

 

無力感

 

 

 

何者でもない自分

 

 

 

 

名刺を渡しながら、ああいつまでこんなことしてるんだろう…って感覚になります

 

 

 

 

 

 

 

本気度が足りない

 

 

きっと何においても本気度が足らないんだと思います

 

 

 

 

 

会社もそのうち辞める、いまのうちにいろんなことに手を出して経験して、いい!と思ったものを掴んでいく

 

 

 

そう思って活動してるけど、いまいち腹に力を込めて活動できてない

 

 

 

 

朝活はゆるさがあるから続いているし、あの優しい空間ができてるんだと思う、そこは崩したくない

 

 

 

 

 

僕は何に迷っているのだろう

 

 

 

 

 

 

これ!と思うものは今まで描いてきた

 

 

 

あとはそれを実行していくだけ

 

 

 

そんな単純なことなのに、何が僕の邪魔をするのだろう

 

 

 

 

 

何者かにならないと!という感覚があるのかな

 

 

 

やっぱりお金のことを気にしているのかな

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなシンプルなことなのにね