ごんちゃんの温泉大国計画

じんわりとしたあたたかさ、包み込むような優しさ、時より見せる熱さ、溶けるようなぬるさ加減。まさに温泉のようなブログ♨️ このブログの効能:そのままのあなたが素敵だと思えます✨ ここに来た人が少しでも癒されて、明日へと踏み出す原動力になることを目指して🌱

【0から始まったチャレンジ】

f:id:yuji-52-grn-00:20191020163118j:plain


 

 

「社外の人にメールしたことないんです」

 

 

僕のチャレンジはここから始まった。

 

○○株式会社 ○○様

さて、このあとなんて書いたらいいんだろう。僕はもともと敬語が苦手だし、特にビジネスメールの作法なんて、これっぽっちもわきまえていない。

 

都度調べて調べてメール文章にしてみるけど、なんかうまく書けない。

最初は都度チェックしてもらいながら、1通送るのに1時間もかかっていた。

 

 

慣れない仕事は大変だ…

 

 

だけどもそんなことも言ってられない。オープンまでにやらなければならないことはごまんとある。立ち止まっている暇があれば、とにかく進めていくしかない。

 

そうやって、自転車をこぎ続けるように、こぎ方も調べながら、乗りこなすのだけで必死になりながらも、とにかく前へ進めるしかなかった

 

 

 

どんどん前へ進める上のひとたち

 

 

僕がそうやってもがいている間も、プロジェクトは容赦なく進んでいく

 

「この○○の予算、どう使うの?」

「この前言ってた○○の資料作った?」

「○○さんにこの件確認とった?」

「この○○って、どういう戦略でいくの?」

 

もうやったことないだらけの業務で右も左もわからないまま、ひたすら前へ引っ張られる

 

 

やるべきこともやり方も、行き着く先の世界も見たこともなくて想像だにつかないけれど、それをできる限りイメージして作っていかなければならない

 

 

ただただ目の前の作業をやるだけになりそうになって、そのたび、自分はどうしたいかを強く問われる

 

 

こんな大きなプロジェクトで自分の意志なんて…。

 

なんとなくこうなったらいいな、こうしてみたらどうかな、というのはあっても、こうやってこうやってこうしたらこうなる!だからこうしたい!みたいなとこまで考えれなくて、そのたび自分の甘さを痛感して「自分はどうしたいんだろう」って向き合うことになる

 

 

こんな甘っちょろい自分がこんな大きなプロジェクトに関わっていていいのだろうか

 

 

 

以前の会社では何千何万分の1の小さい歯車的存在だった自分が、5ヶ月前に転職してきて今はこのプロジェクトを担当する3人のうちの1人になった

 

 

そりゃあ自分の意志を持って、責任を持ってプロジェクトを前に進めていかなければならない存在であることに間違いはない

 

 

これは自分にとってはすごく大きなチャンスで、全力で取り組んで、なんとしてもなんとか掴んでいきたい!と考えている一方で、常に逃げたくて逃げたくて仕方ない自分もいる

 

 

 

「こんな責任負えない」

「自分にはまだ早い」

「なんにもできない、戦力外じゃないのか」

 

 

そんな弱い自分のささやきが聞こえてくることもあって、ひたすら閉じこもりたくなるときもある

 

 

 

 

僕を救ってくれる人たち

 

 

そんな弱気でどうしようもない状態の僕を救ってくれるのは、自分のことを認めてくれるあたたかい友達の存在だ

 

 

 

「ごんちゃんはよくやってるよ」

「今は大変でも、その経験が自分をつくることになる」

「チャレンジし続けて逃げてないんだから、きっとその先の世界が待ってるよ」

 

 

 

こんな前向きであたたかい言葉をかけてくれる友達に恵まれて本当に嬉しいし、感謝感謝感謝の気持ちでいっぱいなんです

 

 

 

そんな人たちに支えられ、クラウドファンディングも沢山の人に支援していただいています

 

www.makuake.com

 

 

 

こういった、自分がチャレンジしているときや苦しいとき、改めて周りの人の応援や気持ちが伝わってくるし、ご支援いただいたお一人お一人に泣きそうになるくらい感謝しています

 

 

だからこそ、オープンまで絶対にやり切る!という想いを強く持つことができ、もっと良い空間をつくって、もっとたくさんの人に届けていきたい!という想いを待ち続けることができています

 

 

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

想いの実現のため、今はチャレンジの時。

 

 

みんなの想いを乗せて、感謝の心を忘れず、前へ前へ進んでいこうと思います!

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

またお会いできるのを楽しみにしています😊

 

 

 

(久しぶりに書いたから感想文みたいになっちゃった…日々勉強、!!)