ごんちゃんの温泉大国計画

じんわりとしたあたたかさ、包み込むような優しさ、時より見せる熱さ、溶けるようなぬるさ加減。まさに温泉のようなブログ♨️ このブログの効能:そのままのあなたが素敵だと思えます✨ ここに来た人が少しでも癒されて、明日へと踏み出す原動力になることを目指して🌱

「稼ぐ」ことから逃げない

f:id:yuji-52-grn-00:20200106123419j:plain



 

僕はずっと逃げていた「稼ぐ」ことから

 

 

 

以前の僕は、稼ぐという言葉を口にすると「なんかいやらしい」「金の亡者か」「必死かよ」といったような感覚を持っていた

 

 

 

だけど最近は、出会う人や読む本のおかげで、固定観念がなくなってきたというかいい意味で頭のネジが外れてきた

 

 

 

つまり考え方が変わってきたように思う

 

 

 

 

 

 

僕の家は昔から「貧乏」だった

 

 

収入は少なく、ほとんどない貯金を切り崩す生活

 

 

余計なものは買わず、折込チラシで安い商品めがけて買い物に行く

 

 

ゲームを買いたいと言おうものなら「ウチにはそんなお金はない」と一刀両断

 

 

 

「あなたは40年間キチッとした会社の正社員で働き続けなさい、そうすれば会社があなたを守ってくれる」そう呪文をかけられていた

 

 

 

 

 

だが実際正社員になってみても「貧乏」に変わりなかった

 

 

 

会社員である限り、社員は会社のために働くから、お給料は会社から出る

 

 

 

そして働く場所や仕事内容も、求められていることをし、給与体系も劇的には変わらない

 

 

 

つまり毎月もらうお給料の範囲内でやりくりしようとする

 

 

 

お給料を多くもらえたら、いい家に住むため、いい車を買うため、旅行に行くためにお金を使う

 

 

 

そしてまたなくなるから、会社のために働く

 

 

 

 

こんなことを言うと会社員の方々から批判をされそうだが(あくまで自分も会社員笑)、実際のところそういう人が大半だと思う

 

 

 

 

だから僕は、この意識を変えていきたい

 

 

 

 

 

「稼ぐ」ことを考える

 

 

会社員の考え方だと「もらう」意識で、「稼ぐ」を他人に委ねる意識の傾向がある

 

 

あるいは自分自身が稼ぐシステムの一部に入りこんでいるため、自分の手で稼いでいるという気になれないのかもしれない

 

 

 

ただ、そもそも稼がないと食べていけない

 

 

会社がお金を稼いでいるから自分のところへお給料として届くのであって、稼ぎがなければお給料もない

 

 

 

 

ベンチャーに転身し実感

 

 

 

僕はベンチャーに転身して思った

 

 

「これは僕自身が稼がなければならない」

 

または

 

「稼ぐ仕組みを作らなければならない」

 

 

 

 

どこかのだれかが稼いでいるからお給料をもらっているんじゃなく、自分自身が生みださなければならないんだと

 

 

 

他人が稼いだお金で食べているうちは、いつまでたっても他人任せだ

 

 

自分自身がその仕組みをつくり、回していくことでしか、自分自身で幸せは掴めない

 

 

 

 

 

僕は今、大阪梅田に新しくオープンしたONthe UMEDAという施設の運営に携わっている

 

 

この場所ががオープンし、従業員も増え、とっても素敵なコンセプトのコワーキングスペースができた

 

 

だけどこれを現場で創っていくのは自分たちだ

 

 

そしてこの場を継続して素敵な場にしていくためには「稼ぐ」「稼ぎ続ける」必要がある

 

 

 

だからこそ僕はこの環境で「稼ぐ」ことから逃げずに立ち向かい続けようと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の目標

 

 

 

そして僕は、今年中に自分でも一つ事業を立てて経営していこうと考えている

 

 

 

具体的にやることはまだ考えていない

 

 

 

だけど「稼ぐ」ことは「感謝」の対価を得ていることだと考えているから

 

 

 

ひとに感謝される事業をつくって結果的に自分にも利益が生まれるような仕組みを作りたいと思っている

 

 

 

果たしてこの1年間でそこまでこぎつけることができるのか

 

 

 

僕の挑戦は続く…